読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乗り遅れリーマンのうつ克服と、今を楽しむための投資日記

IT企業に勤めている30代リーマンの投資や読書日記

2016年3月時点での確定拠出年金情報

老後のためではないとタイトルでつけながら

個人型の確定拠出年金を今年から始めています

 いろいろ調べてみるとざっくりとして下記のことがわかりました

 

①全額非課税

②受け取り時にも税額免除がある

③企業型がない私の場合は個人型で月額最大2.3万まで積み立て可能

④ ③の場合約 5.5万 年末調整時に戻ってくる つまり年間22 万の投資で約27万の

 運用が可能

⑤年金と異なり、個人で運用した結果が60歳以上の年金として受けとれる自己責任

 がたの運用資産

 

デメリットは下記です

①60歳まで引き出せない

②運用によっては損失がでる(今やっている投資と同じ)

 

下記の本を参考に今年から確定拠出年金を始めました。

ただやってみてわかったことは、個人型の確定拠出年金は非常にめんどくさく

①資料請求

複数の資料を記載

③会社に記載してもらう欄があるため会社に記入を依頼する

④資料を提出

⑤2ヶ月後くらいに開通

 

とくに面倒なのが、③でした。そもそも中小企業では個人型の確定拠出年金

把握してるかたが少なく、資料の説明と会社の証明をもらう手続きが大変だと思いました。幸い私の会社は理解あるかたでしたので、すんなりOKをいただきましたが

誰も申請したことがないとのことで、この制度の最大の難点は、まず世間に理解されていないことです。

ただ、税額免除だけでも現状の投資より大分よいものなので

通常の投資と並行で資産を増やしていきたいと思います

 

参考にした本と現在の状況

 

(079)誰でもできる 確定拠出年金投資術: ほったらかしで「年率10%」を目指す方法 (ポプラ新書) : 山崎 俊輔 : 本 : Amazon.co.jp

 

年利20%の最強マネー術 : 頼藤太希, 高山一恵 : 本 : Amazon.co.jp

 

 

f:id:eourouge:20160319085851p:plain