乗り遅れリーマンのうつ克服と、今を楽しむための投資日記

IT企業に勤めている30代リーマンの日々の投資などの日記です。趣味は学生時代からのバックパック一人旅( 20ヵ国)とへっぽこながら月一回くらいのサーフィン,90年代のF1(92年のモナコGP,93年のヨーロッパGPは今でも泣けます)と2016年の休職から通いはじめたジムで筋トレすることとクロールで泳ぐことです。( 2017年4月に復職 )

転職活動②

昨年書いた転職活動の続きとなります

転職活動で1回目の面談の後

履歴書と職務経歴書を書きあげてなおかつ

今までの対応した案件リストを作成してメールで送り

事前準備をした1週間後に本社で受け入れ部署のマネージャーと採用担当者の2名と

面接を受けてきました。

当日は18時に面接だったため、はやめに近くのカフェにこもり

再度会社のIRを読み込みや事業部の売り上や会社の中期計画を頭に叩き込んで

想定質問を考えて面接の時間を待ちました。

この日が正念場で自分の今後の人生が決まるといった心づもりだったため

アドレナリンが出まくってました。

18時の予定なのに歩いて3分のカフェを30分前に出て当然3分でついてしまったため

周囲を何回も歩き回りました。

過緊張で汗が止まらなくなっては困ると思い何度も深呼吸をしました。

今回はコンスタンは忍ばせておりませんが、最終手段としてカバンには入れておりました。

客観的にこの時の私を見れば不審者です(笑)

しかし当時は真剣でありました、自分の人生は自分で切り開くといった意気込みで

5分前にビルの入り口に向かい、そこから複数で出てくるスーツ姿の人を見て

「まだ見ぬ仲間じゃな!数ヶ月後には同じように出てきて飲みに行くぞよ」

と心の中で考えました。・・・私がこれから行くその会社の社員とは限らないにも関わらず・・・ということでいつもにないテンションでエレベーターを上がり受けつけの電話を鳴らしました。

あいにくまだ前の打ち合わせが長引いているとのことで、椅子に腰掛けて面接を待っていました。

そうしたら偶然目の前の扉が開き、ネットで見た社長と副社長や取締役が出てきたので

 「おお、この人が社長の〇〇、副社長の〇〇、数か月後にはお役に立ってますよ。」

と心の中で考えました。・・・まだ受かってもいないのに

そしてしばらく待つと事前でウェブで調べていた担当のマネージャーらしき人が出てきたので、こちらも立ち上がり挨拶しようとしたら、別人でした。

いきなり立ち上がって向こうも不審がったに違いありません。

そうこうするうちに本物のマネージャーが来て面接室に案内されました。

面接で聞かれたことはフツーのことでなんでうちに来たいのか?

どんなことがしたいのか?今までやって来た仕事は?

とかざっくばらんに話しは進みました。

色々な話をして顧客に好かれそうですね。うちに入ったら事前に製品とかも

覚えて資格も取ってねと言われ、和やかに面接は進みました。

お金のこととは前回の面談で聞いていたので仕事の話のみに終始しました。

ただいまだから思うのですが、年齢的にも上ですしねっという言葉と

私のただならぬ気合いで本日は相当の決意できたのですねという言葉が

引っかかりました。確かに気合いは入っていました。入りすぎていたと思います。

そして1時間ほどの面談を終えて家路に着きました。

あまりにも気合いが入っていたので帰りは力が抜けてしまい

前回と同じようにすぐ目が醒めてしまい眠ることができませんでした。

そして、翌日は連絡が来ずに翌翌日の9時過ぎの会社を出る頃に一通のメールが来ました。

 

ーーーーメールの文章ーーーー

いつもお世話になっております。〇〇の〇〇です。

先日は弊社までご足労いただき、誠にありがとうございました。

また、弊社の人材募集にあたり選考にお進みいただき、誠にありがとうございました。

つきましては、関係する部門と検討・協議を行い選考しましたところ、

今回は誠に残念ながら現段階の弊社ではご活躍の場をご提供できないとう結論に至りました。今回の募集では、多数の応募があり、慎重に選考させていただきました。

採用枠が少ないということで、ご期待にお応えすることができず、大変申し訳ございませんがご了承下さいますようお願い申し上げます。

〇〇様の今後の益々のご健勝をお祈り・・・以下略

 

というわけでお祈りメールで転職活動は一旦終了!

転職活動はやって見なければわからないけど、やったみたことに後悔はない

転職できると思うことが重要だと改めて思いました。

 

人生を楽しもう